nagatanitakuブログ

運営するwebサービスtasukiの事、日本ではタブー視されている大麻のこと、日々思うことを記録します。

子の偏見は親の偏見

小学校からの親友が在日韓国人だったことを、ハタチの時に知った。

それも本人に言われてだ。

その時は、本当に知らなかったことを信じて貰えなかったし、

知らなかったことに驚かれたりもした。

 

どうやら知らなかったのは僕だけのようで、周りの友人は皆知っていたようだ。

その当時自分は鈍感だったなと恥じる気持ちと、同時に親に感謝の気持ちを感じたことを覚えている。

自分で考えられる歳になるまで、何も植え付けずにいてくれてありがとうの気持ちだ。

 

教育方針だったのか、運よく口にせず暮らせる環境だったのか。

思い返せば、自分は親からそういった類の話を一切聞いたことが無かった。

そしてそれは大変有難いことだったと、自分が親になって一層感じられるようになった。

 

実際に子供を育てて思うことは、

子の偏見は間違い無く親の偏見でつくられるってことだ。

 

友達の選り好みの激しい子の親を見ると、

性格が合わないと決めつけ、遊ばなくていいと口に出して教えている。

 

子供は親の良い面も悪い面も、驚くほど全て吸収する。

 

我が子も人間である以上、将来偏見を持つ事もあるだろう。

自分で持った偏見ならば、なぜ偏見を持ったのか考え、省みる事ができる。

しかしまだ自分の頭で考えられない、子供の頃に刷り込まれた偏見はどうだろう。

生理現象のように一生付きまとうのでは無いだろうか。

我が子自ら気付き、感じるまで、そっと見守る親でありたい。