nagatanitakuブログ

運営するwebサービスtasukiの事、日本ではタブー視されている大麻のこと、日々思うことを記録します。

我慢強い子に育てるか?興味一直線の子に育てるか?

自分自身、子を持つ親として、

また過去の自分と照らし合わせて、

考えに迷う問題である。

 

我慢強いと聞くと、

肯定的なイメージの反面。

嫌な事も背負い込んでしまう、

負のイメージを持ち合わせていて、

 

興味一直線は、

微笑ましい反面、

潰しのきかないイメージだ。

 

僕は高校の頃、

一向に受験勉強に身が入らなかった。

参考書の中に書いてあること全て、

自分と無関係に感じていたからだ。

 

当然偏差値の良い大学に受かる事は無かったし、

その頃からだんだんと世の中のレールからはずれて行った。

 

お恥ずかしながら27歳ではじめての正社員。

同級生より5年遅れた人生を歩んでいる。

 

こんな僕でも、

32歳でウェブを始めてからは特に勉強が好きになった。

 

HTML/CSS/PHP/Javascript/Jquery/ajax/CakePHP/VPSサーバー/メールサーバー/動画配信

 

全て独学で勉強した。

 

興味がある。

必要である。

自己実現したい。

 

勉強することで、

自分の世界が広がる感覚と直結したから、

勉強というよりも自己鍛錬。

ドラクエのレベル上げを、現実世界でやっている感覚だ。

 

娘の同級生が中学受験に向けて勉強をはじめたそうだ。

まだ小学校低学年だ。

希望の大学、職業に進めるよう、

今から我慢強く勉強させる事が、その子の為になることは否定しようがない。

 

だけど、社会のレールからはずれてしまった時の生き方も、

受け入れてあげられる家庭環境であって欲しい。

自分のように興味あることしか勉強できない子かも知れないと、よく観察してあげて欲しい。

 

僕たち親の目が試される問題だ。