nagatanitakuブログ

運営するwebサービスtasukiの事、日本ではタブー視されている大麻のこと、日々思うことを記録します。

行列のできるラーメン屋を見て行列について考えた。

行列ができていると、

つい良いものなの?

と思ってしまうのが人間の心理ですよね。

 

大阪のおばちゃんが

「ねぇコレ何の行列ですのん?」

と列に並んでから聞いた。なんてネタもあるくらいです笑

 

うちの近所のラーメン屋も、

平日、休日問わず行列ができている。

 

日に日に行列が伸びていくので、

近所にも関わらず、結局自分で味を判断する機会を失ってしまっている。

 

そのラーメン屋は、

以前は別の名前で、今の店の近所で営業していた。

その時の様子を知っているが、

とても今のようになることが想像出来ないほど閑散としていた。

 

さて、

僕がもしラーメン屋を出店するなら、

行列ができている風な演出をしてみたいなぁと思う。

 (そのラーメン屋が演出をしているという意味で書いていません)


僕の好奇心。社会実験です。

 

待って待って待って。

お腹がすいて、すいて。

やっと出てきたラーメンっておいしいだろうなぁ

 

もしかすると、

本当に味のわかる人は、

そんな事関係無いかも知れないけど。


僕のようなバカ舌は間違い無く美味しく感じるはず。

 

さて、あなたが並んでいる行列は、

あなたが良いと思って並んだ行列?

それとも、誰かが意図的に作り出した行列?

 

最終的には、食べた人が満足すれば良いのだから、

どちらが良い、悪いは無いです。

 

ただ世の中には意図的に作り出された行列が存在します。

それはラーメン屋だけでは無く、至る所に存在します。

 

次にあなたが行列に並ぼうと思った時、これはどちらの行列だろう?と考えてみると面白いかも知れません。