読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nagatanitakuブログ

運営するwebサービスtasukiの事、日本ではタブー視されている大麻のこと、日々思うことを記録します。

日本人にとってルールは檻か翼か?〜日本人のルール遵守意識と閉塞感についての話〜

(少し前置きがあります)


皆さんはオンラインカジノって知ってますか?

インターネット上で実際にお金をかけて、

ポーカーやスロットなどのギャンブルができるサービスです。

 

海外企業によって海外のサーバー上で運営されていて、

現在もたくさんの日本人がプレーしています。

 

さて、そんなオンラインカジノ

日本で堂々と広告をする事ができません。

googleやyahooをはじめ、ほとんどのメディアが広告出稿の自主規制業種に指定しているからです。

 

ではどうやってお客さんを集めているかというと、

アフィリエイトです。

 

個人のブログやサイトで紹介して貰い、

プレーヤー(カジノでプレーする人)を集めます。

 

アフィリエイターは、

自分のサイトに貼り付けたURLリンク経由でカジノに登録したプレーヤーの、

勝ち負けの収支に応じて毎月報酬を受け取る事ができます。

 

では通常どのようにアフィリエイトを行うかというと、

カジノの使い方や登録方法、カジノが設定している登録特典などの情報を紹介し、

ユーザーをカジノに誘導します。

 

しかし私が携わっていたアフィリエイトサイトは少し毛色が違いました。

プレーヤーに対して、返金を行うというものでした。

 

まずオンラインカジノのアフィリエイター登録をしようとする際には、

アフィリエイトプロバイダーの約款に同意しなければなりません。

 

そして約款にはレーキバックの禁止が明記されています。

レーキバックとは平たく言えばユーザーにお金を返す行為です。

 

さて、そんな約款から逸脱したアフィリエイトサイトでしたが、

いざ登録申請を出すと通ってしまうんです。

もちろん断られるカジノもありました。

 

更には未登録のアフィリエイトプロバイダーから直々に掲載依頼が舞い込んだり…

面白いものです。

 

 

さて、ここからが本題です。

 

これまで返金を主体としたアフィリエイトサイトが日本に無かったのは、

アフィリエイトプロバイダーの約款(ルール)のせいだと想像できます。

 

日本人はルールの遵守を重んじます。

 

しかしながらルールを設定した企業が例外を認めた。

それは何故でしょう?

自社にとって有益だと判断したからだと想像できます。

 

サービスにとって約款は自分たちを守りながら、より有利に飛躍する為の翼です。

もしより有利に飛べるなら、約款を改訂すれば良い。

例外を認めればいい。(例外に気付いていないフリでもいい)

 

日本人はルールは行動範囲を縛る檻だという意識が強過ぎます。

より良いことが檻の外にあるなら、

その檻は間違った檻かも知れないと考えてみてはどうでしょう。


いま日本に蔓延する、未来に対する閉塞感。

私達一人ひとりが、見えない檻に囚われていないか。

いま一度考えてみてはいかがでしょうか。